本文へスキップ

目黒区中目黒(祐天寺)のブライト動物病院です。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.03-3760-9555

〒153-0061 東京都目黒区中目黒5-28-17


   ブライト動物病院 Bright Animal Hospital  l



歯科DENTAL
E

口腔内検査と歯石除去

口腔内検査は大まかな検査は無麻酔下で検査可能ですが、歯周病の程度を診断する場合や腫瘍性疾患などは麻酔下にて行います。
歯周病は歯肉の炎症だけでなく、歯周組織の破壊程度を確認する必要があります。具体的には、歯肉の炎症程度、歯垢歯石の付着程度、歯の動揺度、根分岐部病変の程度、歯周ポケットの深さ、アタッチメントロス(歯肉の後退)、および口腔内レントゲンを行う必要があります。これらの検査を行うことで適切な処置を選択できるようになります。 
歯石除去のみでよいのか? 歯周外科処置が必要か? 抜歯が必要か?

歯石除去は以下の順番で進められます。
口腔内検査⇒スケーリング⇒ルートプレーニング⇒ポリッシング⇒局所軟膏注入

●スケーリング
歯石除去(スケーリング)は基本的には麻酔下にて行います。全ての歯の口腔内検査後、超音波スケーラーにて全ての歯を丁寧に歯石を除去していきます。超音波スケーラーでは除去しきれなかった微小な歯石には鎌型スケラーを使用して除去していきます。
●ルートプレーニング
歯と歯茎の間の歯周ポケットの歯垢歯石をキュレットや歯肉縁下用チップをもちいて除去していきます。歯周ポケット内の歯垢中の細菌によりセメント質が凸凹になり汚染されてしまいます。この汚染されたセメント質を除去して滑沢な面にしていきます。
●ポリッシング
スケーリング後の歯の表面には細かい傷がついており、歯石歯垢が付きやすい状態になっています。特殊なブラシ(ポリッシングブラシ、ラバーカップ)用いての歯の表面を研磨していきます。
●局所軟膏注入
歯周病が重度である場合、歯科用抗生剤軟膏などを歯肉縁下に注入します。
抗炎症作用のほかに歯周ポケットの深さを改善する効果もあります。

歯石除去

左の写真は歯石除去前の写真です。茶色い歯石が歯に付着し、歯がほとんど見えません。
右の写真は歯石除去後の写真です。歯石が取れて白い歯が輝いています。











重度の歯石付着による歯石除去と抜歯

毎日のデンタルケアーを怠ると、徐々に歯垢歯石が歯の表面に付着していきます。歯垢歯石は細菌の温床で、歯肉に炎症や発赤を起こします。よりひどくなると化膿性分泌物が認められるようになり、歯の動揺がおこるようになります。軽度の炎症の場合は歯石除去や歯周外科処置、内科療法で改善する場合がありますが、歯の動揺が著しい場合や外歯瘻や内歯瘻、レントゲンで歯根吸収が認められた場合や根尖周囲の重度の透過像が認められた場合には抜歯が必要になります。

                    

上顎の重度の歯周炎

左の写真は重度に歯石が付着しており、歯肉の発赤、腫脹、化膿が認められます。中の写真は上顎第4臼歯のレントゲン写真です。重度の歯根の炎症が認められます。レントゲンで歯根の周囲が黒く抜けて見えます。右の写真は、切歯と犬歯以外はすべて化膿性の歯周炎を呈しており、全て抜歯が必要でした。抜歯後、歯肉を剥離し、歯があった溝を覆うように縫合しています。

下顎の重度の歯周炎

下顎臼歯の写真とレントゲン写真です。レントゲンで歯根が感染により溶けて吸収されています。

根尖周囲膿瘍

歯冠部の破折や齲歯により歯の歯髄が露出し、そこから細菌が入り込み、歯の根元(根尖部)に膿瘍を形成します。また、重度の歯周炎からも歯肉に深いポケットを形成して、根尖に波及することもあります。
多くは上顎の第4前臼歯が原因で認められ、目の下の皮膚に炎症や化膿、瘻管などの症状が見られるようになります。治療としては抜歯処置が第一選択となります。








右上顎第4前臼歯の根尖周囲膿瘍

左の写真は目の下が丸く腫れています。波動性で膿がたまっていました。
中央の写真は第4前臼歯が破折しており、歯髄が露出しています。
右の写真は見えにくいですが、根尖周囲に膿瘍が見られ、また歯根の吸収も見られます。

歯冠修復

硬いものを噛んだり、歯をぶつけてしまうと歯がかけてしまうことがあります。歯がかけて歯髄が露出してしまうと、そこから細菌が入り込み歯根部(歯の根元)に炎症が起こってしまいます。歯根部に炎症がおきてしまうと抜歯が必要になりますので、その前にかけてしまった歯冠を修復する必要があります。歯冠修復は歯が欠けてから1週間以内に行わなければなりません。












歯冠修復

左の写真は前臼歯がかけて歯髄が露出した写真です。右の写真は歯冠修復後の写真になります。

歯内療法

ワンちゃんや猫ちゃんは人間と比べると虫歯になることは少なく、歯内療法の適応は多くはありません。歯が欠けてしまって歯髄が露出ししばらく時間が経過した場合や、歯髄に初期の感染が疑われる場合には歯内療法を行う必要があります。歯の中の神経や血管を除去し洗浄消毒を行います。そこに特殊な素材を入れて隙間をなくしていきます。その後、歯冠修復を行います。













歯内療法

写真は歯内療法の処置中の写真です。歯冠の欠損部より根管充填剤を入れているところです。


Bright Animal Hospitalブライト動物病院

〒153-0061
東京都目黒区中目黒5-28-17
TEL 03-3760-9555

動物取扱業登録書
東京都目黒区中目黒5-28-17
保管 13東京都保第003968
登録   平成25年5月15日
有効期間 平成30年5月14日